40年の実践に基づく、石井式漢字教育は、日本人となる子供たちのすべての教育の基礎となります。
夏目漱石、森鴎外の偉大な才能と高い教養の基礎となったのは、幼少期における、江戸時代からの伝統的な言葉の教育です。
TOP事務局お問い合わせ採用情報リンク商標プライバシー
石井式とは
よくあるご質問
言葉は思考の土台
なぜ、漢字力が必要か
幼少期だからこそできる
漢字はひらがなより易しい
まず読みかたから教える
漢字教育で集中力も高まる
優れた文章をたくさん読む
本を読む子ほど学力が高い
全教科の基礎となる国語
小学校の先生からの評価
幼児期からの言葉の教育
お問い合わせ/総合窓口
10:00-17:00 月〜金(土・日・祝は休み)
資料のご請求は、コチラ>>
株式会社 石井式国語教育研究会
〒150-0021
東京都渋谷区恵比寿西1-4-2
川田ビル501
tel 03-5428-5835
fax 03-5428-5836
mail tokyo-ebisu@isiisiki.co.jp
お得意のイソップ物語「蟻と鳩」を二三歳児にお話している石井勲先生
石井式漢字教育法は、教育学博士石井勲先生が、
長年の実践を通して提唱してきた教育法です。

石井式とは教育学博士・石井勲先生の40年にわたる教育実践から生まれた優れた指導法で、お子様の能力を豊かに育くみます。
一人でも多くの子供達の成長のために役立ててもらえますよう、「幼児期からの漢字教育」の普及を目指し、教室での指導、各種教材の販売、幼稚園やご家庭での学習法の指導などを行っております。石井勲先生は、幼児期の子供の不思議な能力を発見し、「幼児教育の重要性」、とりわけ「この時期における言葉の教育の重要性」に着目されました。そして、「幼児期の言語教育こそが人間の知能を決定する働きをし、能力を大きく飛躍させる鍵となる」と言う信念に基づいて、石井式漢字教育法の普及と、幼児教育の現場での実践に生涯をかけて来られました。石井式漢字教育の教室からは、言葉の豊かな、素直で品格のある性格の、礼儀正しい子供たちが育っています。

教育学博士 石井 勲
大正8年、山梨県生まれ。大東文化学院(現・大東文化大学)卒業。高等学校教諭として教壇に立つ。生徒の漢字力が低い原因を追究しようと、中学の教諭、更に小学校の教諭を勤め、実践に基づく漢字教育指導法を発表。大東文化大学幼少教育研究所所長、同大学付属幼稚園青桐幼稚園園長、松下政経塾講師、石井式国語教育研究会会長、國語問題協議會副会長、日本漢字教育振興協會理事長などを歴任。1973年、第6回世界人類能力開発会議(グレンドーマン博士主催)で金賞受賞。1989年、第37回、菊池寛賞受賞。平成16年、逝去。没後、日本漢字教育振興協会が白川賞を受賞。
漢字はひらがなよりやさしい
漢字は一見複雑そうですが、それ故に識別しやすいのです。そして具体的な意味や内容を表わしていますから、幼児には絵を見るのと同じように理解されるわけです。つまり、「目」で理解する言葉(視覚言語)が漢字なのです。
「漢字仮名交じり文」で本物の日本語にふれる
漢字は目で見る言葉、絵のようなものですから、大人が考える程、難しいものではありません。また、石井勲先生が監修された教材は、リズム感のある美しい日本語で書かれています。自然に日本語の構造を会得することができるのです。
続けることで良い習慣が身に付く
大切なことは、幼児の大好きな「繰り返し」を続けた結果、学習が習慣となることです。よい学習も、習慣として身に付いた時に、本当にその効果が現れてきます。石井式漢字教育法は、石井勲先生の教育現場での実践に基づき、子供の心理を上手に生かし、長く続けていればひとりでに、役に立つ良い習慣が身に付きます。
幼児にとって「学習」とは「まねる」こと
幼児にとって「学習」とは「まねる」ことです。幼児の特性は飽きずに何回でも繰り返すことです。石井式漢字教育法は、そうした「幼児の特性」を良く生かして学習できるように工夫されています。 遊びを通してお子様は喜んで繰り返し「学習」して、飽きることを知りません。
ページのトップへ▲
東京事務局 〒150-0021 東京都渋谷区恵比寿西1-4-2 川田ビル501 電話03-5428-5835 Fax03-5428-5836 
Copyright(C) 2009 石井式国語教育研究会 All rights reserved.