40年の実践に基づく、石井式漢字教育は、日本人となる子供たちのすべての教育の基礎となります。
夏目漱石、森鴎外の偉大な才能と高い教養の基礎となったのは、幼少期における、江戸時代からの伝統的な言葉の教育です。
TOP事務局採用情報リンク商標プライバシー
石井式とは
よくあるご質問
言葉は思考の土台
なぜ、漢字力が必要か
幼少期だからこそできる
漢字はひらがなより易しい
まず読みかたから教える
漢字教育で集中力も高まる
優れた文章をたくさん読む
本を読む子ほど学力が高い
全教科の基礎となる国語
小学校の先生からの評価
幼児期からの言葉の教育
お問い合わせ/総合窓口
10:00-17:00 月〜金(土・日・祝は休み)
株式会社 石井式国語教育研究会
〒150-0022
東京都渋谷区恵比寿南3-1-17 106

tel 03-6451-2367(代)
fax 03-6451-2368
mail tokyo-ebisu@isiisiki.co.jp
言葉は思考の土台
人間は言葉(専門的には“内言”といいます)でものごとを理解し、考えます。ですから、言葉の豊かな子に育てることとは、大切なことです。
言葉の豊富な子は、知能が大きく伸び、情緒が安定します。そして感性や情操の豊かな子に育ちます。
しかし、ただ単に、言葉が多いということだけではいけません。問題はその内容なのです。言葉を頭にたくわえ、その語意を理解し、ものごとの概念を正しく認識することが必要なのです。そして、この土台があってはじめて、思考力が育ち向上するのです。
言い方を換えれば、ものごとの概念が深く、正確に認識され、かつその順序だてが緻密であればあるほど、比例して理解力や思考力は高くなります。
このような内容豊かな言葉をたくわえるためには、どうすればいいのでしょうか? 日本語では“豊かな漢字力”をつけることが、正しい言葉(内言)の教育なのです。



東京事務局 〒150-0022 東京都渋谷区恵比寿南3-1-17 106  電話03-6451-2367(代) Fax03-6451-2368 
Copyright(C) 2009 石井式国語教育研究会 All rights reserved.