40年の実践に基づく、石井式漢字教育は、日本人となる子供たちのすべての教育の基礎となります。
夏目漱石、森鴎外の偉大な才能と高い教養の基礎となったのは、幼少期における、江戸時代からの伝統的な言葉の教育です。
TOP事務局採用情報商標プライバシー
最新ニュース一覧
バックナンバー(ニュース)一覧
通信教育【青い鳥クラブ】の
資料請求・お問い合わせは
こちらのHPでさらに詳しく!
10:00-17:00 月〜金(土・日・祝は休み)
mail counseling@isiisiki.co.jp
お問い合わせ/総合窓口
10:00-17:00 月〜土(日・祝は休み)
株式会社 石井式国語教育研究会
〒150-0021
東京都渋谷区恵比寿西2-1-7-301

tel 03-5428-5835(代)
fax 03-5428-5836
mail jimu@isiisiki.co.jp
学習指導要領改定案と石井式漢字教育
平成20年2月15日、義務教育の今後を大きく左右する、小中学校の学習指導要領改定案が文部科学省から発表された。「学力低下」が問題となっている中、改訂案のポイントは、全ての教科で重要視されるに至った、言語力育成(言語能力を育てよう)に向けられている模様。
特に国語では、言語力の中核を担う教科として、読む、書く、話す・聞くの各能力が確実に身につくように、伝統的な言語文化、言葉の特徴やきまり、漢字、書写から構成する「伝統的な言語文化と国語の特質に関する事項」を新たに設けている。

1.具体的には、1)古典充実のため、低学年では昔話や伝説、中学年では短歌や俳句、諺、故事成語、高学年では古文や漢文、近代以降の文語調の文章を取り上げると定めているが、「石井式漢字教育」の教室や実施園(幼稚園・保育園)では、すでに40年も前から、幼児及び学童にたいして、これらすべての学習を“遊び”を通して実践しています。
さらに、2)学年別漢字配当表以外の漢字は、例えば、「だん落(段落)」、「ちょう戦(挑戦)」などの「交ぜ書き」を止めて、ルビ付きで表記し、“漢 字を読む機会”を充実させるよう求めているが、この点も、すでに石井勲先生は「石井式漢字教育法」において、長きにわたり提唱・実践しています。

2.今回の改訂案では、常用漢字の見直しが進められていることもあって、漢字配当表の変更はない。
学年別漢字配当表では、小学一年では80字、二年では160字、三年では200字、四年では200字、五年では185字、同六年では181字、6年間で計1006字の漢字の学習が示されている。
一方、「石井式漢字教育法」では、絵本、諺・俳句かるた、百人一首かるた、その他の教材を使った“遊びを通した学習”で、二歳児で367字、三歳児で1230字、四歳児で2504字、五歳児で2539字、計6640字の漢字に親しむ結果、石井式漢字教育を継続した子供達は、小学校に入学してから、どの教科の教科書も十分に読みこなして理解することができるばかりか、自ら進んで「学習する習慣」も身についています。


通信教育・青い鳥クラブ」の会員になることで、どこのご家庭においても、石井式漢字教育を「親子で一緒に楽しく遊びながら」実践することができます。ちなみに、石井式漢字教育は、「漢字を教える」のではなく、「漢字で教える」ことで、適時期(言語の習得に最も適した時期)に子供たちの言葉の能力を最大限に伸ばすことできる、理想的な幼児教育法です。なお、石井式漢字教育法については、学習研究社発行のGakkenMOOK「10歳までに決まる!頭のいい子の育て方」(Vol.4、2009年4月号)の特集・「国語脳・算数脳を育てる15分学習メソッド(漢字力)」をご一読いただければ、最も大切な時期に「学習習慣をつけること」、「基礎学力を確立すること」に、石井式漢字教育法がいかに適しているかということを、よくご理解いただけると思います。

東京事務局 〒150-0021 東京都渋谷区恵比寿西2-1-7-301  電話03-5428-5835(代) Fax03-5428-5836
Copyright(C) 2006 石井式国語教育研究会 All rights reserved.